« 2009年1月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.30

五十肩?

10日くらい前から右の肩が痛い。昨年あたりから左の肩から腕にかけては衣類の着脱時に痛みが走るようになった。右肩は急にトップの骨が痛くなり前側から上腕に広がっている感じだ。湿布を貼ってみたが、それほど痛みは緩和されない。
9月は季節の変わり目でもあり、夏の疲れが出る頃である。しかし、私の場合は加齢による老化現象が災いしているのだと思う。

昨年は、右の親指が「ばね指」になった。整形外科、接骨院で電気治療を試みたりしたが年末を迎え慌しさの中で行かなくなった。年を越して春になり暖かくなった頃には症状がなくなっていた。今のところは調子が良い。しかし、油断はできない(笑)

この夏、高校時代の同級生、OL時代の仲間と電話で話す機会があったが、話題の中心は健康問題。私よりも重症のばね指に悩んでいる友もいた。いつの間にかそんな年代になっていたのである。

今日で9月も終る。2009年もあと残り3ヶ月となった。
何でこんなに時間の進みが速いのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.26

ガラポン

夕方、主人とウォーキング中に、商店街を歩いていると カラン カラン カラン と、当たりの鐘の音が聞こえた。500円カードでガラポン一回チャレンジできるというイベントだった。
財布を開けてみると、1枚見っけ!私はガラポンにはいつも見放されるので、主人にやってもらおうと思ったが、「あなたがやりなさい。」と背中を押され、ガラポンをグルリと回した。

グリーンの玉が落ちて来た。
カラン カラン カラン という鐘の音!
「おめでとうございまーす! 3等です!」と係りの方。
手渡された封筒に500円の使用期限日付き商品券が2枚!

私は、その場で「ヤッタァ!嬉しいー!」を何度か繰り返していた。

☆3等であんなに喜んだ人は・・・私以外にいなかったのでは?
でも、とても嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.25

小さなダンボール箱

今朝は8時から1時間、年2回当番が回ってくるマンションの資源ごみの立会いを行った。
空き缶、空き瓶、ペットボトル、衣類、本、新聞、雑紙、牛乳パック、ダンボールがゴミステーションにずらりと並ぶ。少し離れたところにダンボール箱が置かれてあったので、「誰が置いたのだろう・・」と思いながら、箱の中身を確認しようと貼られたガムテープを触ったものの一瞬はがすことを躊躇した。その時、後ろから「その中に猫が入っているよ。」と同じ階のご主人の声。そしてダンボール箱に黒いマジックで「ネコ」と書いた。

ご主人:「今朝ね、マンションの建物の角で死んでいたんだよ。」

   私:「えっ?」

ご主人:「車にはねられたのかもしれないな・・・。」

   私:「えーーー!」

ご主人:「布でくるんで箱に入れたよ。市に連絡して午前中に引き取りに来てもらうことになってるよ。」

ご主人が、猫の毛の配色、体の大きさ、尻尾は長い…等教えて下さった。
話を聞いているだけで辛く悲しくなってしまった。もしかしたら、近所でよく見かけるあの細くて小さくて可愛い子かもしれない・・・と、思った。箱を開けなくて良かった。

終了時間の9時になり、私は箱の前にしゃがんで手を合わせて冥福を祈った。
部屋にもどり、お線香をあげた。
そして、「100万回生きたねこ」という絵本を彼(彼女)のためにと思い、朗読した。

おそらくあの子は野良ちゃんで、どこかのお宅でお水とご飯をもらっていたのだろう。
明日、あの子が来ない、明後日も・・・やって来ない、と安否を心配するだろう。探し歩く人を見かけたら話しかけてみようかな。

夜、夫が帰宅すると、朝、仕事先に車で向かう時に横たわっているその子を見て思わず泣いてしまったと言っていた。そうだったんだ。

あの子はもう虹の橋を渡っただろうか・・・☆

                           合 掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.21

ついに四季報か年報に・・・(笑)

今日は実家の墓参りに行ってきました。
兄、弟、甥(弟の末っ子小2)、夫そして私の5人で車2台で出発。
往きは高速道路、国道が渋滞しノロノロ運転。いつもより到着するまでに時間がかかりました。車窓から景色を眺めると、ススキ、コスモス、彼岸花があちらこちらに見られ、季節は秋になったことを実感しました。

さて、この夏、衆院選で与野党が逆転し、政権交代となりました。

私:「ねぇ、高速道路が無料化になるんだよね?」
夫:「そういう方向だね。」
私:「無料化した分の道路の補修費などの財源は国民の税金でまかなうって本当?」
夫:「そうらしいね。計算上国民一人あたり年間2万円だとか。」
私:「え~? うっそぉ!じゃぁさ、うちは二人だから4万円ということになるよね?」
夫:「そういうことになるな。」
私:「うちは、せいぜい年に4,5回しか高速道路使わないんだよ。それで、年間4万円だなんて。高速道路を使わない人も徴収されるのはおかしいじゃん!」
夫:「そんなこと言ったって・・・。」
私:「ETC要らなくなるのかなー 」
夫:「どうなんだろうね。」

往復の車中での話題はこの他、新政権の政策オンリー。   
「子ども手当て」の実施にあたっては扶養控除、配偶者控除の廃止だそうです。
富裕層の家庭にもすべて支給する必要はないでしょう!と声を大にして言いたいです。

このままでは、我が家は間違いなく「大増税時代」に突入します。正直言って不満です。

すみません、久々の更新なのにぼやいてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年10月 »